裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

バズマザーズ「ムスカイボリタンテス」感想 #0 全体

aituはバズマザーズを中二病だという。 俺は「中二病じゃない! もうちょっと先をいっとるわ」と思うが、自作の詩にメロディを付けて聴衆の前で発表するという時点で、そもそも、表現とは中二的なものだ。 しかし、しかしである。バズマザーズは、明らかにそ…

『犬ヶ島』80点 楽しくて眠かった

楽しくて眠かった。 作家性が多分に発揮されている系のアニメはいつもそうだ。 あ~楽しくて素晴らしい世界なんだけど、ずっとここにいたら寝てまう…という予感が初めからあり、後半は睡魔との闘いになる。 ちょっとアートに近い感覚と言うか。 美術館でもこ…

『万引き家族』87点 隔たりこそが愛を生む

※ネタバレがあります 重大なネタバレになるが、万引き家族は、家族全員が万引きをしているわけではない。 食人家族とかソニービーン一族みたいに一族総出で万引きのテクを磨き、イ●ンやコ●プを阿鼻叫喚に追い込む話ではないのだ。 是枝監督の作品を追ってき…

『親切なクムジャさん』90点 殺しのスカッとジャパン

※ネタバレがあります つい先日、韓国旅行に行ってきた。 そのときに、街中で目についたのが「クレヨンしんちゃん」の人気っぷり。 「신짱구」(シンチャング)という表記が土産物屋にあふれ、しんちゃんのプリントされた靴下、傘、ハンカチなどが売られてい…

『レディ・バード』97点 ”青春は情報量が多い“と青春映画は言う

※ネタバレがあります レディバード、レディバード、お家に飛んで帰りましょ ―マザーグースより 監督グレタ・ガーヴィグは、映画を撮りだしてしばらくしてから、母が子どもの無事を案ずる気持ちが唄われたこの歌のことを思い出したと語るが、そんな穏やかな話…

『デッドプール2』93点 エンドロールで評価爆上げ

※ネタバレがあります 1をみたので2も見に行った。 hadahit0.hatenablog.com 1の俺の感想は、どちらかといえばネガティブで、前提説明が長くデッドプールに期待されるトリッキーかつメタな魅力が十分に発揮されているとはいいがたいというもの。そのため「2の…

『デッドプール』80点 いや、まあ、俺が悪いねん……

※ネタバレがあります 『デッドプール2』が公開される。 『デッドプール』前作を見ておかねばならぬ。 ということでAmazonで週末レンタルした。 見た感想は、 ①期待は下回った ②『デッドプール2』には期待できる というもの。 確かに、期待は下回った。でも、…

『怪盗ルビイ』80点 ピカレスクアイドル映画inバブル

アイドル映画とピカレスクって珍しいでしょ、という文脈で感想を述べようと思ったのだが、『セーラー服と機関銃』(1981)とかあるし、その取り合わせの妙から、逆に王道になっているパターンなのかもしれない。 時はバブルまっただ中(1988)。金がうなる街…

『スプライス』(2009)85点 内から外から描く性嫌悪スリラー

※ネタバレがあります”結合”(スプライス)ってキモいよなーという素朴な発想✖毒親の子どもに対する"支配欲"ってグロいよなーという洞察上2つの要素でこの映画は成り立っている。youtu.be ストーリー 夫婦で遺伝子工学の研究者として一級の技術を持つクライヴ…

『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』65点 ヒト(1)味足りないハムのよう

ジュマンジは、ウインナーだ。 子どもたちはみんな大好き。ジューシーで、パチンとはじける歯ごたえが心地よい。 ジュマンジ第一作はボードゲームが現実になるという設定、その活かし方に至るまでまさに子どもの理想を体現した映画だったと思う。 翻ってこの…

『レディ・プレイヤー・1』100点 ありがとう! 僕らのポップカルチャー

※ネタバレがあります 『レディ・プレイヤー・1』面白過ぎて泣きそうになった。別にガンダムもゴジラも見たことないけど、何か奇跡的な祝祭が観れているぞと感じた。ありがとうスピルバーグhttps://t.co/Ldco80UNTo — 遠縁の親戚 (@miya080800) 2018年4月22日…

『ラッキー』70点 死によって完成した哲学

※ネタバレがあります 含蓄を求める日に ”含蓄”を欲する夜。人は賭けに出る。 例えば『レディ・プレイヤー・ワン』みたいなSF大作をみれば、おおよそ眠気とは無縁の2時間強を過ごせるだろうし、『ペンタゴンペーパーズ』だってドラマ性という意味でははずれな…

台湾旅行記#1 アラーキーが頭痛でマイム踊る夜

台湾という土地には親日の姑娘がいる。 夜ごと愛をささやき昼を昏くさせたよ。 機下にて俺、アラーキー、彼女は頭痛 仙台空港19:40発、タイガーエア。 その2時間前にはチェックインしなければならない。 俺は同行者のA子と国際線のチェックインカウンターへ…

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目覚め 』90点 冗談の才能はないが彼は品がとても良い

たった5館から始まった感動の実話コメディ。 という触れ込みなのでこの映画を知らなかった人はそれを頭に入れておくと良い。 たった5館と聞くと「マジで!」と驚くほどチープさは感じられなかった。 この作品の主人公のイメージは、俺の中ではCOWCOW多田。 …

『キックアス/ジャスティス・フォーエバー』80点 オタクが作った正統継承作ゆえに佳作どまり

※ネタバレがあります。 本国では『Kick Ass 2』日本ではジャスティス・フォーエバー。 ペンをブンブン振ったら、残像が残ることでぐにゃぐにゃ曲がっているようにみえる現象がある。 あのぐにゃぐにゃくらいの面白さの映画だった。 つまらなくはないのだ。ず…

『キックアス』95点 狂人レベル=戦闘力の世界へようこそ

※ネタバレがあります ストーリー コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生・デイヴ。不良にはカツアゲされ、女子には無視され、ボンクラな日々を送っていた。しかし―― 「どうして誰もヒーローになろうとしないんだ?」 そう疑問を抱いた彼は、ス…

台湾旅行記#0 旅行記はつまらない

旅行記はつまらない。 以前からそう思っていた。 文章で人を笑わせる才能において俺の中で不動の一位はさくらももこである。 『もものかんづめ』に始まる近況3部作、『あのころ』に始まる過去三部作、その他『さくらえび』に『ひとりずもう』。その性格の悪…

『ダークナイト ライジング』 80点 どんでん返しの為のどんでん返しやねん でも好き

※ネタバレがあります ノーランバットマン3部作の完結編。 前半30分は正直一番楽しめたかもしれない。 伏線とかどんでん返し、小ネタも結構きいている。 これは、完結編にふさわしい、のか? うーん、でもなあ。 アラも多いぜ~。という煮え切らない私になっ…

『ダークナイト』 85点 知らなきゃよかった、幼稚に見える

※ネタバレがあります Dark Night じゃなくてDark Knight。 でも、印象に残ったのはDark Night。 jokerとJOKERがDark Night。 夜が明けても桂はとれず。 所感 ダークナイトといえば、東山アキコの『東京タラレバ娘』で「男しか好きじゃない映画」としてディス…

『バットマン ビギンズ』 70点 等身大、はじまりの小品

初心者にもわかりやすい。 忍者ダサい。 不殺の誓いにはすでに矛盾がある。 わかっていながらそれに対して何がいえるわけでもない。 そう、それがバットマン。 所感 そもそもアメコミ映画は”アメコミ映画”というジャンルムービーなのだから原作を知ってそれ…

『42~世界を変えた男~』75点 伝記映画、それ以上でも以下でも

生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え - Wikipedia つまりは背番号が42だったから世界を変えた男ってわけ? 真っ当で良い映画。 ただ、ちょっと伝記過ぎたかな~。 ストーリー 4月15日、メジャーリーグの全選手は背番号”42”をつけてプレーする…

『リメンバー・ミー』85点 「家族≧夢」意外とテーマが挑戦的な意欲作

原題『COCO』。 それは、主人公ミゲルのひいおばあちゃんの名前。 ディズニーのシワシワ原題の中でもとりわけシワシワだ……。 欧米人の子どもは『COCO』でワクつくんだろうか。 だって日本の映画でいえば『菊子』みたいなもんなんじゃないの? しかし、タイト…

『ギフテッド』山田宗樹 小ぶりな二十世紀少年 72点

『百年法』という傑作小説がある。 その作者は『嫌われ松子の憂鬱』でも有名な山田宗樹。 その山田宗樹が『百年法』の次に著した作品がこの『ギフテッド』である。 結論から言うと、小ぶりな二十世紀少年みたいな話だった。 食べ応えがやや足りない代わりに…

『トレインスポッティング』  これが青春なのか? 70点 

※ネタバレがあります これが青春なのか? ドラッグやって、犯罪やって、親に甘やかされて。 そう思ったので30点引いた。 だけれど、70点残った。その原因は2つ。たったの2つなのだ。 www.youtube.com ストーリー ヘロイン中毒のレントンは不況に喘ぐスコット…

R-1ぐらんぷり 2018 感想 ―個別のネタについて(Bブロック)

Bブロック1組目: 河邑ミク ネタ:「レンタル彼女」 キャッチコピー:大阪ナリキリ娘 …漫画雑誌で言うと、ジャンプが吉本で人力舎がチャンピオン。 だとすると、松竹はサンデーだ。 かつてはジャンプと肩を並べたが、今は地味。。 そんなサンデー感満載のコ…

『モンスター上司』 モンスターVSモンスター 70点 

※ネタバレがあります Amazon primeにて視聴。 当然ながら、上司にムカつくことがあったからだ。 「ちくしょう! こっちの気も知らずにのんきなこと言いやがって!」 俺の指は見る予定だった『パンズ・ラビリンス』を拒否し、ジェイソン・ベイトマンが頭を抱…

R-1ぐらんぷり 2018 感想 ―個別のネタについて(Aブロック)

Aブロック1組目: ルシファー吉岡 ネタ:「ムスコの性癖」 キャッチコピー:円熟のコント男優 …3年連続決勝進出。コメントはナイツ。なぜか「ナベプロなのに下ネタが許される異色の芸人」というイメージだったが、マセキだったのか。 …泥くせえ。 今回、あま…

マイナビラフターナイト感想1~2月分

『マイナビラフターナイト 20180126』サツキと岡野陽一が面白かった。岡野陽一は「大阪のおばちゃんが明るい理由に裏がある」というネタ。巨匠時代にKOCで披露した『鮨屋』といい、こういう設定が好きだな。この都会的なセンスとキャラがミスマッチで信じら…

R-1ぐらんぷり 2018 感想 ひいきも王道ということ

2018年3月6日、R-1ぐらんぷり2018が開催され、ほぼ盲目の漫談家「濱田祐太朗」が優勝した。 その結果に対してのネット(主にYahoo! ニュース←)で見たかぎりの顕著な反応は以下の通り。 〇大会全体について →レベルが低い、つまらん:7割 今年はレベルが高か…

『ハングオーバー!』 2009年に戻りたい…… 80点

※ネタバレがあります TUTAYAのコメディ・コーナーに行くといまだに1~5位の棚に並んでいるのはこの作品だったりする。 でも、もう9年も前の作品なのか……。 I wanna be back to the 2009!! 『ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』世間(TUTAY…