裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

2017-10-24から1日間の記事一覧

村上龍『69』を読んでる途中の気持ち

村上龍『69』を読んでいる。 彼女にお前なら好きだろうといわれたからだ。 小学生時代の俺は村上龍を知らず、 中学時代の俺にとって村上龍は原題が「クリトリスにバターを」という小説『限りなく透明に近いブルー』を書いた癖に権威づいている人で、 高校時…