裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

小説

『ギフテッド』山田宗樹 小ぶりな二十世紀少年 72点

『百年法』という傑作小説がある。 その作者は『嫌われ松子の憂鬱』でも有名な山田宗樹。 その山田宗樹が『百年法』の次に著した作品がこの『ギフテッド』である。 結論から言うと、小ぶりな二十世紀少年みたいな話だった。 食べ応えがやや足りない代わりに…

『コンビニ人間』感想 非人間性というレンズで、人間性を映す

コンビニ人間は、第155回芥川賞受賞作です。 購入方法:Amazon ストーリー: 内容(「BOOK」データベースより)36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニ…

村上龍『69』を読んでる途中の気持ち

村上龍『69』を読んでいる。 彼女にお前なら好きだろうといわれたからだ。 小学生時代の俺は村上龍を知らず、 中学時代の俺にとって村上龍は原題が「クリトリスにバターを」という小説『限りなく透明に近いブルー』を書いた癖に権威づいている人で、 高校時…

『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』―エロいおじさんの可愛さは最強だ。

2016年2月22日。27歳の自称フリーモデル宮原真理容疑者(27)が6000万円を窃盗した疑いで逮捕された。被害者は和歌山県在住の資産家男性(74)。宮原容疑者と男性はデートクラブで出会い、交際していたという。 「1億円くらいは紙切れみたいなもんなんで私に…

『スペードの3』―戦いから逃げるな、つまりいつもの朝井リョウ

『桐島部活やめるってよ』『何者』『武道館』の朝井リョウの2014年の作品。 2017年4月1日に文庫化された。 この作品を書いていたころはまだ東宝の社員だったんだね。 この人はあまりにも、作家的な特性を備えた人だなとインタビューや小説やラジオを読んだり…

早坂吝『○○○○○○○○殺人事件』―バカミスを馬鹿にするバカにはなりたくないが…

第50回メフィスト賞受賞作。 京極夏彦、森博嗣、清涼院流水など錚々たる面々を輩出してきたこの賞の 第50回の作品としては最低ラインは超えているものの期待値は超えていないというのが、正直な感想だ。 目次 良いところ―ミステリ的キャッチーさと小説的サー…

小説『七帝柔道記』感想― 体育会系のリアルな良さがわかる

北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大の七校で年に一度戦われる七帝戦。北海道大学に二浪の末入った増田俊也は、柔道部に入部して七帝戦での優勝を目指す。一般学生が大学生活を満喫するなか『練習量がすべてを決定する』と信じ、仲間と地獄のような…

マルチ商法の小説『ニューカルマ』感想

■はじめに 出会い系の女にノコノコつれられてア○ウェイのカレーパーティーに行って以来マルチ商法のことが頭から離れない。 まるで、マルチ商法に恋してるみたいだよ…。 いずれはマルチ商法と枕を交わしたいぜ。 ということで、「マルチ商法 手口」とかでグ…