裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

「怒りの日」、どんな映画の予告編もワクワク物に出来る説

 

 

古来から、映画は予告編が一番面白い、と言われている。

予告編が面白い理由には、「名シーン・セリフがちりばめられている」「時間が短い」「テロップやナレーションなど情報量が多い」などが考えられるが、曲がその面白さの大きな要素を握っている気がする。

あなたも、映画の予告編でなんてことのないJPOPが落涙ものの名曲に聴こえた経験はないだろうか?

 

映画の予告編、という場は、曲のポテンシャルを増幅させるこの上ないステージである。

ある種、信じられない予算がかかったMVだともいえるわけだ。

 

そんな音楽の隠れた楽園。秘密のみゅーじっく花園でひときわ輝きを放つのが、

「怒りの日」という教会音楽だと思うのだ。

上に並べた動画のようにパニックムービーで用いられることが多いこの曲。

否応なしに気分が高揚して、映像に見入ってしまう。

 

映画どころか、底辺Youtuberの飯食い風景やゲーム実況風景でもこの曲を流せば

ワクワクものにできる気がする。

 

いずれ検証したい。