裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

週刊ヤングジャンプ 2017年24号(特大号) 

今週は特大号だ。

だから19円高い。

でもその特大要素がラブライブ声優のグラビアと「君は淫らな僕の女王」のソフト化パクリみたいな読みきりだというのはいただけないぞ。

まあ新連載もあるけど。

 

helveticaヘルベチカ(新連載)

静和大学1年生、黛旭は「異界の魔女子」と呼ばれるアニメを愛好するオタク男子。ある日、黒猫を連れた謎の美少女に押し入られ、スタンガンを当てられるという数奇な経験をする。その日の夜、バイト先のアニメショップで女性が忘れ物をしたため届けようと後を追ったところ、ナンパされているところに遭遇。そこから救おうとしたために因縁をつけられる。ナンパ男に首を絞められ「ここが異界ならこんなやつ僕の特殊能力でぶっ飛ばしてやるのに…!」と考えた次の瞬間、旭の手から炎が噴出し、ナンパ男の撃退に成功する。そして旭は警察を騙る集団に連れ去られるのだった――。

なんちゅうか、あらすじの時点でもう完全にジャンプでよくある話じゃないだろうか?

異界に憧れる「平凡な」主人公、突如現る美少女とDQN、ちょっとした勇気、覚醒する異能、、、。

一応あらすじに含めない部分で攻めた展開だったり絵的なインパクトはあるのだが、そこで得点を稼ごうというのもまさに昨今青年漫画でありがちな風潮だな、と感じる。

絵も同じく。新人らしくパースが狂っている部分が多くてデジタルっぽい。コマ割りは妙に細かくてごちゃごちゃしている。というか下手だと思う。

 

とはいえ、まだ一話である。

「謎の美少女」と「異界の設定」、そこに「helvetica」(※)というタイトルがどう絡んでくるかが、今後の面白さを左右することになるだろう。

※…1957年にスイス人タイプフェイスデザイナーのマックス・ミーディンガー(英語版) とエドゥアルト・ホフマン(Eduard Hoffmann)が発表したサンセリフのローマ字書体。(wikipedia語源は「スイスの」。スイスの話なん!?

作中作で旭がはまっている「異界の魔女子」(イカジョシ)のストーリーに沿った展開となっていくのだろうというのはほぼ確定であるが、正直「異界の魔女子」ってタイトルはダサくてとてもはやるようなものとは思い難い。

ここら辺に作者(たち)が自覚的かどうかで、今後の期待度は占われるなあ。

 

うらたろう

悟り坊主キャラとしてうらたろうを生まれ変わらせたのかと思ったが、

(当たり前だが)結構1部と地続きなキャラであった。

それゆえ抱えている憂いと悟りキャラで乖離が生じて、愛しにくいなあ。

うらたろうの中に1部の千代の要素を無理やり押し込めるのはやはりバランスを崩す要因となる。

そのバランスをとるためにもがりを出しているんだろうが。

 

しらたまくん

最近、この漫画はほのぼのどころかすごく狂気的な何かを描いているなと感じた。

普通にまず絵が怖い。

童顔なのに無理やりひげをつけさせられてお父さんという役割を演じらさせられているキャラの悲鳴が聞こえてくるかのようである。

これは、トイストーリーでビフが魔改造したおもちゃを見たときに見た目のインパクトとは関係なく感じた、命あるものを描くアニメで命があると感じられていて、それでも命がないんだなあと感じさせられた時の奇妙な恐怖と似ている。

ああ、このほのぼのしたしらたまくんワールドでこのお父さんは生きているように描かれていて、明らかに生きていないなあと思う。

念のため、これは下手だとかそういう批判ではないと断っておく。

アニミズムの綻びが垣間見えるさまが怖いのだ。

 

今回は、しらたまくんが両親とともに進路相談を兼ねた三者面談に出向き、友人鈴川葵の母と遭遇する、という話である。

三者面談で親同士があいさつし、それが子どもには恥ずかしい、というのはあるあるシチュエーションではある。

鈴川母は娘以上のマイペースキャラで話がどうもかみ合わない。

それも理解できる。

だが、そのかみ合わなさに対するしらたま父の反応が

・あ……いやこれは別に

・えぇそうですね

・あ…ヒゲの…

と受けに回っているため、ここでもなんとも奇妙に人格が感じられないのだ。

この怖さはなんなのだろう。

 

だからオタクじゃないってば(読み切り)

優等生オタク隠し女子をテンプレ通り描いただけのまんがだった。

同じヤンジャンに「うまるちゃん」があるのに。。。

描き方は全く予想を逸脱しないスタンダードなもの。

まあでも、それはみんなの期待通りということなので、あしたのヤングジャンプで少し人気が出るのはわかる。

でも、ここまでオリジナリティがないと、読み切りどまりでしょう。

 

 

ヤングジャンプ 2017年 5/25 号 [雑誌]

ヤングジャンプ 2017年 5/25 号 [雑誌]