読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

悲しきボディワイフ

今日は録画したワイドナショーを見た。

ゲストはデヴィ・スカルノ夫人。

 

デヴィ夫人アラン・ドロンとセフレだったのだという。

「あ~た、当時の社交界では恋愛はゲームだったのよ」

 

その話ぶりを聴いてさすがデヴィ婦人セフレここにあり、と思った。

 

3月に終わってしまったニューヨークのオールナイトニッポンゼロに「加藤ミリヤか!」*1というコーナーがあった。

 

加藤ミリヤか!

 

『デート、私の家ばっかりだね・・』の様な、

セフレあるある、セフレが言いそうな事を送ってください!

言いそうなことは「 」(かぎかっこ)で書いてもらえると助かります!

セフレとヤリマンは違うので注意してください!

メールの件名は「加藤ミリヤ」でお願いします!

「ニューヨークのANN0#23」

http://www.allnightnippon.com/program/zero/2016/09/ann022.html

 はがき職人日照りのニューヨークANN0の中では、そこそこ盛り上がったコーナーであり、俺も嫌いではなかったのだが、ある種の違和感もぬぐえずにいた。

 

その理由がワイドナショーの視聴により、わかった。

 

俺は、どちらかといえばセフレに陽気なイメージを、それこそ今回デヴィ夫人が言った社交界のフリーセックスのように、ラブイズゲームないイメージを抱いていたのだ。

だから、ニューヨークの物言いには乗れなかった。

 

俺がこんなにセフレにポジティブな理由をより深堀すると、たぶん「フレンド」という言葉に多大なる良いイメージがあるからだと感づいた。

セフレ=セックスしつつも友情をもって付き合うハッピーな男女関係と思っていたのだ。

しかし、ニューヨークいうところのセフレは「愛情を抱きつつも男側からは受け入れてもらえず、ただ体を交わすだけの悲しい関係」なのだ。

こんなのセフレじゃないやい!

と言いたいが、セフレがいたことがないので何とも言えない。

でも、やっぱり今の理論でいうと、もっと適切な呼び方がある気がする。

例えばボディーワイフとか、ボディステディとか。

この言葉を、ニューヨークのANN0がやってる間に送りたかった。

まあ、しょうがないからランパンプスにでも送るかな。。

 

 

WHY(初回生産限定盤)(DVD付)

WHY(初回生産限定盤)(DVD付)

 

*1:このせいで加藤ミリヤが「モアナと伝説の海」で希望に満ちた歌詞を歌っていることに多大な違和感があった。