裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

Apetoma

切実にもっと考えるのを辞めたい。

 

俺がかねてからキルギスの礼拝堂のようにだれにも見えない場所に打ち立てている考えとして、「人間サル—機械論」というものがある。

 

人間を、サルと機械に分ける考えだ。