裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

M-1敗者復活戦はスーパーマラドーナ・天竺鼠・南海キャンディーズに入れた

 

f:id:hadahit0:20171203175140p:plain

M-1敗者復活戦を見終わり、スーパーマラドーナ・ 天竺鼠南海キャンディーズの組に票を入れた。

 

つまり、スーパーマラドーナが決勝に行くことになる。

 

まあスーパーマラドーナは入れなくても決勝行くだろ、と一押しのからし蓮根に票を入れることを考えたが、3回戦・準々決勝のネタの面白さは確実に上回り、安定感は抜群なスーパーマラドーナにやはり票を入れるのが、忖度のない純粋な結果だと感じた。

 

天竺鼠は予選から面白いし何ならそのまま決勝に行ってほしいと思っていた。そしてその期待を下回らなかった。「マイク忘れてますよ~」から「マイク持ってこんでええねん!」への綺麗なスイッチ。普通にみても面白いだろうが、3回戦・準々決勝の動画を見たお笑いファンはさらに笑いに厚みが増す。そういう目配せまでしてくるとは、飄々としているようでいて決勝に行く気めちゃめちゃありますやん、と俺の心の中の若手のライブでゲームコーナー仕切るタイプのツッコミが叫んでいる。

 

南海キャンディーズは迷った。3回戦・準々決勝のネタは少し政治弄り等ポップさに見合わない山ちゃんの我が出た気がするし、やはり山ちゃんしずちゃん2人の関係性はもう見慣れてしまっているからだ。しずちゃんの役者・ボクサー時代は、2人の漫才を見飽きるレベルには持ってこなかったという点でよかったのかもしれない。しかし、「なあクズちゃん」に始まる山ちゃんへの罵倒、「ママたれなんかブログで小銭を稼ぐ職業なんだよ」という山ちゃんの悪意、静ちゃんの動きボケなど南キャンの魅力が詰まった漫才がここへきて完成していたのだ。俺はずっと熊本弁×センスボケのからし蓮根をいち推しているが、ここは南キャンに入れたいと思った。

 

ほか、印象に残ったコンビ

 

Aマッソ

加納がボケに回り、文明開かせ侍となって様々な文化文明にあたるものを押し付けようとする、というやたらめったらトリッキーな漫才。

時間オーバーしたし、敗者復活でも、やりたいことやるだけ、というかっこよすぎてひくパターンだった。

この人たちは売れなくても永久に漫才を続けて、めちゃくちゃなパトロンとかを見つけ、なんにせよ永久に評価を集めていくんだろな、と思った。

「この1年コント師と口きいてません!」というコメントにはお前らがいとしてるやがいと。それを知らない人は漫才にかける意気込み強いボケか~と思うだろうし、両面テープのようにいいボケだなと思った。