裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

台湾旅行記#1 アラーキーが頭痛でマイム踊る夜

台湾という土地には親日の姑娘がいる。

夜ごと愛をささやき昼を昏くさせたよ。

 f:id:hadahit0:20180417214305p:plain

機下にて俺、アラーキー、彼女は頭痛

仙台空港19:40発、タイガーエア。

その2時間前にはチェックインしなければならない。

俺は同行者のA子と国際線のチェックインカウンターへ向かった。

 

時刻は17:30。ちょうど良すぎて不安になるような時刻だ。

A子は黒字にピンクの縞模様が入ったバービーのキャリーバックを転がしている。

 

このキャリーバックの口にはバービーのロゴが刻印されているらしい。

俺は全く気づかない。知らされてはいるけど、気づけてはいない。

 

旅行前で2人のテンションは高い。仙台の夜風は冷たい。

まだ、3月17日なのだ。桜前線すら来ていない。

 

A子のキャリーバックを預け、チェックインを終える。俺はでかい緑のリュックを持ち、それよりはだいぶ小さいcallmanのバックを携えていた。緑のリュックは預けない。

それは、何か信念めいたものや精神をいやす作用、他人とは違うフェティシズムによるものではなくて、俺が多少A子より旅慣れているからだ。

 

預けた荷物が出てくるのは遅い。

19:40の飛行機に乗って桃園空港に着くのは23:05だ。

なるべく早く出なくては、メトロはなくなってしまう。

俺たちの安ホテルは台北市街にある。都会の中の安ホテルだ。

そこまでは1時間30分。

だから、つまり、その、時間を節約したかったわけだ。俺は。

でも、俺とA子は日本を出たら唯一の2人の日本人。いわば一蓮托生だ。

宙を飛来する蓮の葉。預ける荷物も2人で一つ。そのことを忘れていた。

だから、次の瞬間にバチが当たる――。

 

A子の具合が悪くなる

「風邪薬が欲しい」

A子がそういうので、空港の薬局に来た。3日分と5日分どちらを買うか迷うが、3日分にする。旅は4泊5日の予定だ。3日分で足りるだろうと判断した。

と言ってる間にA子の具合はどんどん悪くなっていく。

 

仙台空港3階左手にあるロイヤルコーヒーショップ仙台空港店で飯を食うことにする。「何か腹に入れれば治るかもしれない」とA子が言ったからだ。

俺は牛タン油そば、A子はサンドウィッチを頼む。

牛タンまぜそばのどこにロイヤリティがあるのだろうかと思うが、仙台を発つ前に、牛タンを食べたいと、故郷の砂を持ち去る旅人のような気持ちになった。

f:id:hadahit0:20180417215211j:plain

A子は治らない。

むしろ、どんどん具合を悪くして頭を突っ伏していく。

首を垂れること、冒頭の画像がごとし。

 

俺は気を使って水を汲んできたりもしつつ、焦りを募らせていく。

 

――こいつのせいで行けなくなったらヤダなあ。

 

薄情者はここにいた。熱は出てないかと尋ねるが、A子は出てないといい、俺がカメラを向けると「撮らないで」と身の前半部を隠す。

A子はこんな無様なさまを取られたくないのだという。

俺はシャッターを何度も押す。パシャパシャと音を立てて。カメラからボウフラのように透明なザーメンが飛ぶ。

 

俺は、平成のアラーキーだ。台湾に行く機会をふいにしようとしているA子を撮る。そうしてせめてもの元を取る。暇つぶしの糧とし、後で笑ってやる。

 

「やめろってんだろ!」

 

A子は怒りをあらわにして声を荒げた。俺はレンズに蓋をした。まるで、中折れしたインポがゴムを取り外すように。

 

機内にて彼女マイムマイム、俺は我慢

なんとか飛行機に乗ることはできた。

こうして彼は鉄の塊としての役目を4時間15分忘れる。

 

船は、”彼女”(女性名がつけられるから)だというが、飛行機はどっちなのだろうか。

俺は、男だと思う。トバすのは男だという、ただそれだけの理由だけど。

 

ここでもう1つ問題が起きる。

 

――空港内でドリンクを買い忘れてしまった。

 

手荷物検査の際、俺は痔の薬(60g)と歯磨き粉(120g)を没収されそうになり、なんとか痔の薬を医薬品ということで死守した。その結果、飲み物のことは完全に忘れていた。

 

A子は税関職員にカバンを開かされ、恥部をさらけ出させられる俺を見て笑っていた。もちろん風邪は治っていないので具合悪く笑っていた。人間は、具合が悪いときは悪いなりに他人を(嘲)笑うことができるのだ。その結果、飲み物を忘れたらしい。

 

桃園空港までは時差も勘案すると約4時間15分。その間中、何も飲めないのはつらい。

と思っていると、不安からか、どんどんのどが渇いてくる。

 

しかし、タイガーエアは台湾ドルかアメリカドルしか使えない。

日本と行き来する飛行機のくせに、使えない。まあ、現地で両替した方が両替レートいいらしいし、いくらLCCでも水くらいくれるだろ! と楽観視していた俺とA子が愚かなのだが。

 

A子はついに耐えられなくなり、客室乗務員の男性に向かって1万円札をかざす。

 

「Please, water water water」

 

フォークダンスが始まるのではないかと危ぶむくらいのマイム(水の意)の連呼。

大金で水を買おうとするLCC、エコノミークラスの日本女に福原愛の旦那を3発殴ったような顔面の彼は目を丸くして、うなずく。そして、帰ってこなかった(お金は取られていない)。

 

「もう良い、水呑んでくる」

 

A子はトイレに向かった。俺は唾を飲み込んだ。

 

解放されて冬瓜、寝てないのに牛になる

現地時間23:30。

バービーちゃんの荷物を無事受け取った俺とA子は、メトロに向かっていた。

現地についてすぐさま4万円を台湾ドルに両替、自販機でジュースを買った。

f:id:hadahit0:20180417221805j:plain

左は豆乳ラテみたいなやつ、右は文字通り蜂蜜冬瓜茶。細切れにされて砂糖漬けになった茶色い冬瓜が入っている。

どちらも歯が溶けるほど甘い。「台湾 飲み物 甘い」でググればわかる通り、台湾の飲み物は基本的に歯を溶かすことを目的に製造されている。

 

飲み干した俺たちは、メトロで台北駅に向かうことにしたのだが、畢竟、終電はもうなかった。

仕方がないのでバスに乗ることにする。

 

予定が崩れた俺は牛のようにモタモタし、A子は女のようにイライラした。

 

ありきたりな男女論に当てはまるような人間ではありたくないね。

 

俺もA子もそう願うが、実際はそうはいかない。ありきたりな人間なのだ。

 

それでも何とかバスを見つけ、夜闇に消えた。

後はホテルに行って、寝るだけ。

今日は大変な一日だったなあ。

 

冒頭の詩は、そのときに浮かんだのだ。

 

 

次の日は「龍山寺」「突発的祭り」「九扮」を体験した。そのことについて書きたいと思う。