裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

会社にレッドブルが来た

今日は会社にレッドブルガールが来た。

レッドブルの飲み方みたいなノベルティを受け取ると、レッドブル1缶がもらえる。

しかも、0カロリーか普通か選べる。

――そうか、彼女らはヤクルトのおばさんと同じ業態だったんだ。

至極当たり前の事実だが、新鮮な驚きだった。

 

レッドブルガールに「レッドブルを飲んだことはありますか?」と尋ねられた俺は「もちろん…めっちゃ…飲みますよ」と心持ちテンション高めに答えた。

まるで、初めての新刊コンパニ参加した大学生のようだった。

続けて、「どんなとき飲むんですか?」と尋ねられたので、「そうですね…………………やっぱ………元気が欲しいときですかね!」と答えを返した。

悩みに悩んで答えたのに、愚にもつかない回答だ。

ガールはニコッと営業スマイルを浮かべ、プルタブを上げたレッドブルを俺に渡してくれた。

内心、「昼ごはんと一緒に飲もうと思ったんだけどな…」と思いつつ、愛想よく受けとる。

レオポンの小水のようなレッドブルの薄すっぱい味が、胸に沁みた。

 

 

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本