裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

バズマザーズ『普通中毒』-⑨「熱帯夜」

「ワイセツミー」「スキャンティースティーラー」「スカートリフティング」といったワイセツラインに近しい曲だ。

これらはおそらくバズマザーズの知名度に最も貢献したエース曲である。

 

「熱帯夜」もそのラインに違わない作品。

・クセのあるリフ

パンチラインとしてのベースライン

・早口なAメロ

・キャッチーなメロディ

・テーマ:どうしようもなく猥褻な自分について

・ギターの攻撃性

・ドラムのフレーズの細かさ

・大量の言葉遊びを重ねたような歌詞

 

こういう今までならMV作ってたような曲をアルバムの後半に持って来れるのが

地肩の強化されっぷりを示してるなあ。

 

熱帯夜の主人公は今まで以上の屑感がすごい。

脳内で、婦女暴行を行っている。

スカート捲りや下着泥棒どころではない。

汚してみたいあの娘の自尊心

夜道には御用心

本当の恐怖の前に悲鳴は出ないって話

「熱帯夜」

 

でも、実際には何もできない男である。

あらぬ妄想はさ、楽しいから止められはしない?

「熱帯夜」

 どうやら、こういった妄想や欲望がはかどるのは、夏らしい。

特に、肌がべたつく熱帯夜。

ハヌマーン時代、「君よ夏をしないで」と歌った山田が

ここまであけすけになれるのは、やはり心の童貞捨ててんなあ

という感じである。