裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

バズマザーズ『普通中毒』-①「時代をくれ」 

このアルバムで(いや違うな)

ここ最近の状態として、

バズマザーズGtボーカルの山田亮一は

意図的にロックスター然しようとしている。

 

その傾向が如実に表れた曲。

 

前アルバム『怒鳴りたい日本語』の一曲目「怒鳴りたい日本語」は

使いたい日本語を自由に怒鳴るという曲だった。

 

この「時代をくれ」は

ある種同じシステムで、

今の邦楽ロックという状況について、

厚顔無恥なほど自由にいいたいことをいい、

旧時代のロックスターのように、新時代を自分等が掴むと怒鳴っているわけだ。

 

あんたの歌は、毒にも薬にもなりゃしないさ

目を逸らすな、声高いだけの優男さん

「時代をくれ」

 などはあまりにロコツだが、それだけに本気感が伝わる。

 

こっから全部俺のターン

「時代をくれ」

なんて、冷静に考えると<遊戯王やんけ>といいたくなるが、

もちろんロックスターもバンドマンもにちゃんまとめやジャンプを読むわけで、

実際に耳に残るこのフレーズがインプットされているのはおかしくはない。

至極当然である。

それなのに使わないことを、きっと山田はやめたのだ。

時代を呑むためには、清濁併せ呑む気概が不可欠だ。

どんなフレーズも使うし、どう思われてもよい。

そんな骨太の思想がこの一曲から香り立つような気がする。

 

余談だが、7/8拍子というおかしな拍子が「時代をくれ」と「怒鳴りたい日本語」

ともに共通している。

 

ちょろっとよんだ『葉隠』を引用

「怒鳴りたい日本語」

新免無二斉の太刀筋さえ止まって見えるぜ

「時代をくれ」

新免無二斉…宮本武蔵の実父

 のような剣豪モチーフのフレーズも両オープニングナンバーを双子のように思わせる。

 

何か山田なりのブームがあるのかもしれない。

 

その前の3rdアルバム『THE BUZZ MOTHERS』の一曲目「東京デマイゴ」にはみたところ前2曲と共通項はないようだ。

 

(終わり)