裸で独りぼっち

愉快な毎日の記録

『勝手に震えてろ』80点 小説と映画を比較しての感想 ※ネタバレ

映画『勝手に震えてろ』を見た。

 

で、その後小説を読んだ。

 

その2つの共通点、相違点について語りたい。

 

ストーリー

エトウヨシカ、10月生まれ、B型、雪国育ち、ひとりっ子、彼氏なし(24年間)、絶滅した動物が好き。

中学時代の同級生「イチ」を中学からずっと脳内で思っている。

話しかけたことは3回。

そんな彼女は会社の同僚「ニ」に告白される。人生初の告白。

 

「私には、2人の彼氏がいる」

 

ヨシカは「ニ」とデートを重ねつつ、「イチ」にも接近を試みることにする。

 

共通点

 

furuetero-movie.com

 

『勝手に震えてろ』という小説について、そもそもは以下のネタ画像のイメージしかなかった。

 

f:id:hadahit0:20180206220216j:plain

@yuukiの凍結されたTwitterより

ブックオフである。表紙には以下にも一般職然とした痩せて細目の女性が座っており、その周りを絶滅した生物が取り囲んでいる。

左はドードー、右はアンモナイト

スプリングカラーの表紙で、内容は読めない。

 

作品を文字と映像で2度通過した今思うのは、『震える牛』がタイトルでもこの小説行けるなということだ。

 

震える牛:臆病、牛のように一見穏やか、しかし「赤いもの」を見ると牛のように荒ぶる

 

共通点1:主人公イチカ

とにもかくにもこの作品は主人公イチカの自意識に焦点が当たっている。

イチカは自意識が高い。

例えばそれはのべつ間もない小説の語り口だとか、自分位告白してきたニのことをキープ対象としてそのことに何ら罪悪感を抱いていないこととかにあらわれている。

 

それは映画も小説も同じだ。

こういう自意識の語りは綿矢りさ、のみならず純文学作家の真骨頂だ。

それ小説の方が濃い。

というのが定説だが、映画を見たところ全く同じ濃さだった。

それを実現した監督(元芸人らしい)の手法に、街の人々にのべつ間もなく話しまくるという仕掛けがある。

 

映画は、松岡茉優演じるイチカがサブカルめいた、というか社会人生活大丈夫?といった風体のカフェ店員に話しかけまくるシーンから始まる。

「私ね、あなたみたいになりたかったんだ、あ、ねえ、髪触って言い?」

早口。

これを見て、ああ、これは夢の中のシーンなのかなと俺は思ったのだが、その後も「話しかけ」シーンは続く。

なんだこりゃ、自意識が高いっていうか単にエキセントリックな人間じゃないか、と思う。

だが、それはすでに、監督の策略のうちということなのだった。

その内訳については後述する。

 

共通点2:恋愛周りのストーリー

イチを脳内で追いつつ二を振り回すヨシカ。

しかし、イチには届かない。というより、自分の中では手中に収めているつもりなのに、実際の距離は遠い、その固く冷たい現実に耐えられないのだ。

初期は気持ち悪い気持ち悪いアプローチをしてきたニのことをヨシカは袖にしまくり、処女だと知られたことにブチ切れ、振って妊娠を装い、家に引きこもる。

そこに現れるニ。存外に頼もしいセリフ。一個の人間としてヨシカに近しくありつつも、アプローチしたという一点でのみ先を行くニ。

ヨシカは彼の名を呼ぶ。

 

というまあ大まかなあらすじ。

ここは一緒だ。原作なんだからそりゃそうだ。

れないというのは女性の自意識に男性以上に深く結びついているというのがよくわかる。

童貞はさらされるが、処女はこもることになる。

さらされた童貞の方が一見恥のようだが、こもった自意識のドツボの方が深く抜けがたいのは、ヨシカ的人物ならわかっているはずだ、

 

相違点

この映画と小説の相違点を語ることは、そのまま監督への賛辞となる。

自意識をガチャガチャ語る分野というのは、前述のとおり小説のホームグラウンドだ。

アウェイでそれをやろうとすると、日本人バッターがメジャーに出るくらいの覚悟と地肩が必要になるのである。

 

相違点1:空想と遊ぶイチカ

映画は、イチカがのべつ間もなく店員に話しかけるシーンから始まると書いた。

あれは全部空想だったのだ。

イチカはバスでも、陸橋沿いでも、道でも、若者にも、おばさんにも、おっさんにも話しかける。という空想をする。

――これは、痛いあるあるだ。

朝井リョウが『何者』で描いた「友達が活躍した時に悪評がどこかにないかケチの付け所がどこかにないか探す」というのが俺の痛いあるある不動の1位で、この「たにんに話しかける妄想」が俺の痛いあるある2位である。

これが、原作にないというのは綿矢りさもやられたな、と思ったのではないか。

最近結婚して幸せになって作品の質が落ちたらしい綿矢りさよ。

これを見たら嫉妬の情に火がつきやる気が沸き起こるのではないか。

監督・脚本の大九明子は今年で50歳。ポールヴァーホーベン(80)の『ELLE』(2017)を見たときも思ったが、もう50とか80でも才能あったら若者が見ても違和感のない作品が作れる時代なのだな。

若いがアドバンテージではなくなっている。

あるいは俺が老いている。

 

相違点2:来留美の存在感

映画ではホリプログランプリ受賞者石橋杏奈演じる月島来留美の存在感が大きい。映画を見ただけの人は原作では来留美がほとんどセリフもなくて、営業部の出木杉くんとつきあってもないと知ったら目を丸くするだろう。

どうして映画で来留美の出番を増やしたのか。

それは、やはり映画という内面をすべて言葉にしがたいメディアの特性上、という部分が大きいだろう。

映画ではヨシカは来留美に内心を話すのだ。

その結果、ヨシカが小説よりもポップな人物になり”あがりくさって”いるといわれば否定しきれないが、その分来留美を信頼しているという描写ができるし、その結果「裏切り」(一方的な)の衝撃も大きくなる。

やはり、これも良改変である。

 

ちなみに、原作ではオカリナもその彼氏もいない。

あのシーンは芸人を目指していた監督特有のユーモアであり映画への華の添え方であろう。

 

デトロイト  世界で一番悔しい映画 93点 ※ネタバレ感想

www.afpbb.com

これは昨年9月の事件。

なんか、『デトロイト』を見た後だと、本当に暗澹な気持ちになる。

畜生!! ファックバビロン!!

 

 

ストーリー

1967年。アメリカ第五の都市、デトロイト

アメリカ全土にはいまだ、黒人差別の風潮は色濃く残り、黒人たちは自由な居住区の名のもとに、差別の目にさらされながら生きていた。

その怒りはついに都市で爆発し、黒人たちは店から物を盗み、街を破壊した。暴動である。

それへのカウンターなのか、それとも更なる締め付けか。白人が98%を占める警官は黒人たちを執拗に疑い、追い詰め、中には正当防衛と称して射殺するものさえいた。

そんな中、若者でにぎわるアルジェ・モーテルから銃声が。

狙われたと思った警官たちはモーテルに大挙して押し寄せ、黒人青年やそこに居合わせた白人少女たちに尋問という名の拷問を始める。

 

www.longride.jp

www.youtube.com

 

感想

大方の人が知っていると思うが、大みそかにこういう出来事が物議をかもした。

www.huffingtonpost.jp

年末恒例の番組『ダウンタウンガキの使いやあらへんで 笑ってはいけないアメリカンポリス24時』で浜ちゃんが「ビバリーヒルズ・コップ」に登場するエディ・マーフィーのコスプレをして登場。それが、人種差別的で不快だと、日本在住の黒人作家が指摘。たちまち論争が巻き起こった。

一方は、日本という国で。固有の文脈をもってお笑いでやっていることに、差別の意図を読み取るのはおかしい。差別はそれを見る人の心の中にいるのではないかといい、

また一方は、世界基準に照らしてアウトなことを平然と放映するこの国がおかしい。日本人はあまりに差別の歴史に無知すぎると批判した。

僕はというと、圧倒的に前者の意見だった。

なぜかって、お笑いが好きだし、過剰な表現規制は逆差別の入口だと思ったからだ。

それは今でも頭では正しいと思う。

でも、今は同時に、”あの悔しさ”が蘇る苦しみは、そんな理屈では解決できないのだ、とも思う。

あの悔しさとはつまり、その、「差別される悔しさ」だ。

つまり、「人間としての尊厳を剥奪され、それに抵抗できず、したところで無残な死しか待っていないという、絶望の心持ち」だ。

 

モーテルで、

白人警官のリーダークラウスは高圧的にふるまう。

それは、黒人を2人も正当防衛でなく殺してしまったという危機感の裏返しかもしれないし、

開き直りによって表出した余所行きでないむき出しの差別心なのかもしれない。

www.youtube.com

クラウス役のウィル・ポールター。児童文学『トムソーヤの冒険』に出てくるいじめっ子のような、いかにもムカつく面である。しかし、もちろん実際の彼は反差別主義者だ。撮影中、彼は演技ながら罪悪感に苦しんだという。

 

彼は高圧的にふるまい、事故を正当化して暴力をふるい、とうとう保身のために完全なる殺意を持って無抵抗の少年を殺害する。

そしてその罪は、、、、。

 

本当にやり切れない気持ちになる。

 

そういう思いがフラッシュバックするとすれば、やはり差別の歴史を思わせる素振りは理解と覚悟をもってやらなければならないのだろう。

 

クラウス・デメンズ・フリンの3人は、黒人を殺害しながら、弁護士の擁護の元、法廷に立つことができる。そして、あまりにどうしようもない形で事実はうやむやにされ、罪は隠蔽される。

 

だが、そこで畜生! コブラが出てきてこいつらを皆殺しにしてくれればいいのに!

とならないのがこの映画の奥深さだと僕は思う。

 

白人たちもビビっていた。それは事実で、暴力はその引き金を引くだけなのだ。

道徳の教科書なんか嫌いだしジョジョ6部は好きだけど、やっぱり暴力の連鎖が生むのは同じような地獄の裏返しだ。

 

 

『バーフバリ 英雄誕生』92点『バーフバリ 王の凱旋』85点 ぜったい前作を見た方がいい※ネタバレ

※今更なことをいいます。

 

インド映画のPOWERを強制的にトゥ・ザ・ピーポーしてしまう映画、バーフバリ。

後編『王の凱旋』がこの度公開され、以下のような話題を生んでいる。

 

togetter.com

 

正直、こういうネタ映画的な消費の仕方は苦手だ。

こういう無茶苦茶なコンテンツを面白がるウチらwという観客の特権意識が透けて見えるような気がするから。

という自意識の問題は置いておいて、傑作と言って差し支えのないほどこの作品にはには楽しませられた。

 

まずは前編の感想。

 

『バーフバリ 英雄誕生』92点

ここでいうインポッシブルとはこのコンビのこと↓

f:id:hadahit0:20180128222529j:plain

インポッシブルの宣材写真(吉本公式HPより)

改めてみたらなんだこの宣材。
なんかバランスがおかしい。

巨大生物と2人でただただ戦う様を見せるなど他では見られないコントのスタイルから自分たちの役割を”ボケとツッコミ”ではなく、”スピードとパワー”と表現する。

その、存在自体のダイナミクスが高じて笑いを生んでしまう感じ、それはやっぱりバーフバリとインポッシブルで共通している部分ではないかと思う。

我ながら冴えた例えをしたものだ。

 

ストーリー

 

英雄誕生は妙齢の女性(おばちゃん)が赤ちゃんを抱えて河を渡り、流されるところから始まる。

水量の増した川におばちゃんは沈み、手だけを天に掲げる。

その赤ン坊の名こそアヘンドラ・バーフバリ。伝説の始まりである。

バーフバリはそこからすくすく育って5分くらいで大人になる。

天女に誘われたバーフバリは難攻不落の滝を上り、美しき女アヴァンティカを発見。

*1*2

アヴァンティカとなんやかんやあって相思相愛になったバーフバリ。

アヴァンティカは強大な王バーララディーヴァが支配するマヒシュマティ王国に祖国クンタラ王国を滅ぼされた者たちのレジスタンス、の一員であった。

敵のもとに攻め込もう――とした瞬間とらえられるアヴァンティカ(このあたりの弱体化はご都合主義だがそれゆえに神話的)。

そこを救ったバーフバリはマヒシュマティ王国へ攻め込むことを誓った。

 

マヒシュマティ王国で鎖につながれていたのは元々は王女であったデーヴァセーナ。

「お前たちを地獄の業火で焼き尽くし、生きたまま苦しめたい」

めちゃめちゃ口が悪い。

王国に奴隷として忍び込んだバーフバリは城にわざと火事を起こし、デーヴァセーナを救って城を飛び出した。*3

それを追うのはバーララデーヴァのひ弱な息子パドラと奴隷将校カッタッパ。

バーフバリは2人を迎え撃ち、パドラの首を雷鳴とともに切り飛ばす。

その顔を見て驚愕するカッタッパ。バーフバリの脚を頭に乗せる。

「誰だお前は!?」

尋ねるバーフバリ。カッタッパは過去を語り始める。

 

数十年前、マヒシュマティ王国は王ヴィクラマディーヴァと王妃の急逝という事態に襲われていた。次代の王を選ぶ権利を持つのはヴィクラマディーヴァの弟ヴィッジャラデーヴァの妻である国母シヴァガミ*4

彼女は先王の息子アマレンドラバーフバリ(以下バーフバリ(父))と、自身の息子バーララディーヴァの2人が成人したとき、いずれを時代の王か選択することを宣言した。

その言葉に邪悪なヴィッジャラディーヴァは驚き罵るがなぜか素直に従う。意外にかかあ天下である。

すくすくと育つバーフバリ(父)とバーララデーヴァ。

彼らが成人を迎えようとするとき、蛮族カーラケーヤが襲ってきた。

その兵の数は10万。実にマヒシュマティ王国の5倍以上である。

シヴァガミが兵を均等に分け、それらを指揮してカーラケーヤの大将の首を取った方を次代の王とすることを宣言する。

ビッジャラディーヴァの姦計により、武器や防具は与えられなかったバーフバリ(父)。しかし、機転を利かせて蛮族を制圧。すんでのところまでカーラケーヤの大将を追いつめる。しかし、漁夫の利を得たのはバーララディーヴァであった。

ところが、シヴァガミが次代の王と宣言したのはバーフバリ(父)。

古代洗車のような道具で民衆もろとも敵を攻め、多くの犠牲を出したバーララディーヴァよりも、民を守ったバーフバリ(父)の方が王にふさわしい器であると見抜いたのだ。

 

「――しかし、その数か月後彼は裏切者のせいで命を落とすことになります」

そう、カッタッパは言う。

「裏切者はだれだ?」

尋ねるバーフバリ。カッタッパは答える。私です、と。

 

www.youtube.com

感想

長い感想となった。それだけ長く、語りがいのある物語なのだ。

先述したが、俺はこの前編の方が話題の後編より好みである。

それは、構成上の妙が大きい。

先に語ってしまうことになるが、前編の内容は大きく分けて「バーフバリの登場&活躍とバーフバリ父の登場&活躍」である。つまり、風呂敷広げ放題なのだ。

バーフバリという物語は、神話故、細かい粗もある作品ではあるが、その風呂敷のあまりの広がりっぷりに観客も細かい疑問は忘れてバーフバリ!状態になってしまうところにそのパワーがある。

ほかにないパワーだ。

だから、その持ち味が生かされるのは風呂敷広げ放題の前編に決まっているのである。

 

もう一つ、理由があるとすれば、デーヴァセーナがあんまり出てこない。バーフバリ(父)の妻であり、バーフバリの母であるデーヴァセーナ。

正直こいつが怒りっぽすぎるせいでいろいろ問題が生じた気がしてならない。

悪として描かれないしそう断定もできない分、俺はコイツの方が「タチ悪~」と思ってしまう。

その点この話のヒロイン、アヴァンティカは信頼できる。バーフバリとのディズニー映画ばりのファンタジックなミュージカル求愛シーンは絵ヅラの美しさも併せて必見である。

 

『バーフバリ 王の凱旋』85点

 

バーラディーヴァの悪口をここでも言っている。

この映画は仙台の中規模映画館『フォーラム仙台』で見た。

朝から9:20の回だったが長蛇の列で、立ち見まで出る始末。

15分くらい(バーフバリが象を倒して母を看病しながら歌いだすところ)で不具合から音声が止まり、中断ののち再開することになった。そのお詫びにタダ券を人数分配る決断をしたフォーラムが気の毒であった。

フォーラムはGoogleの評判では「社会人としてあり得ない店員がいる」だの「音が漏れる」だの評判が悪いがそういう真っ当な対応をしてくれるところだ。店員の態度も良い。音は漏れるときもあるが俺は気にならない。

もっと評価が上がってよいと断言できる。

ともかく、そんなトラブルがありつつも、前評判通りの面白さではあったと思う。

しかし、前編を見てのものだったので、正直ちょっとテンション下がる時間はあった。

それが現れ出たTwitter感想である。

 

ストーリー

マヒシュマティ王国には、王妃が燃え盛る燭台を手に城の周囲を3周すれば、願いが成就するという言い伝えがあった。

それをシヴァガミが実践中のところから物語は始まる。

暴れ象が登場し、シヴァガミの行く手をふさぐ!

危うし! というところで現れるのが我らのバーフバリ(父)。

王になる彼の力でシヴァガミは無事回り切り、民はバーフバリを讃えた。

バーフバリ!

 

しかし、ヴィッジャラディーヴァは国の乗っ取りをあきらめてはいなかった。

バーララディーヴァは意外にも殊勝な態度をとるが、その真意は不明。

一方、実の息子である彼を王にできなかったシヴァガミはそれを負い目に感じていた。

大勢の象をプレゼントしようとして断られるシヴァガミ!

 

バーフバリ(父)は父代わりのカッタッパとともに嫁探しの旅に。そこで、若きクンタラ国の王女、デーヴァセーナと出会う。その美しさと凛々しさにに一目ぼれしたバーフバリ(父)は、愚かな従者とその叔父という設定で、デーヴァセーナらの懐に入り込む。*5

バーフバリ(父)はアホの不利をしてデーヴァセーナに近づく。そこへ襲い来る蛮族ピンダリ! バーフバリ(父)はそこで本領を発揮して国を救い、デーヴァセーナの心もゲットする。

このくだり、コメディリリーフ、クマーラが勇気を出す展開が熱い。

デーヴァセーナのヤダ味が最初に出るのがここである。バーララディーヴァはデーヴァセーナの美しさに心を奪われ、バーフバリ(父)から奪ってやろうと計画。母に頼んで金銀財宝を遅らせる。しかし、デーヴァセーナは断り、こう書いた手紙を送らせる。

「金銀財宝で女を手にしようとする王子の妻になるくらいなら死んだ方がましだ。私の使い古しの剣を送るからそれとでも結婚しておけ」

やりすぎやろ! 外交上のことを考えてもこんな返答は悪手過ぎる……。

本来ならばこの時点でクンタラ王国は滅ぼされても仕方なかったのだ。

そう考えると、後の悲劇も薄れるではないか。

ここは、もう少し賢王(女)っぷりを発揮して欲しかった。

 

国を守ったバーフバリ(父)はデーヴァセーナを連れて帰国。当然シヴァガミの怒りを買っているので王の地位は剥奪。そのままデーヴァセーナの起こしたトラブルのせいもあり、城を追放されるまでに落ちる。

しかし、バーフバリ(父)は、落ちぶれはしない。民の中でリーダシップを発揮し、どこにいても王は王の器であることを示す。

その様子を目にしたバーララディーヴァらは悪知恵を働かせ、バーフバリ(父)がクーデターを起こしたことに偽装。カッタッパをけしかけてバーフバリ(父)を殺させるのだった。自らの過ちに気づいたシヴァガミは幼いアマヘンドラ・バーフバリを抱いて逃げる。そう、妙齢のおばちゃんはシヴァガミだったのだ。

ここらへん、ちょっと登場人物の頭が悪い気はするものの、「実の息子バーララディーヴァに負い目を感じる母シヴァガミ」という絶妙な心理描写があるのでそこまで気にはならない。まあ、あれだけのことがあったらそうなってもおかしくないかなと納得はできるレベルである。

 

過去をすべて知ったバーフバリはレジスタンスを率い、クーデターを決行する。

↑ここまでの展開が激早。バーフバリの顔が、デーヴァセーナの血入ってないやろ級にバーフバリ(父)と瓜二つ(同じ人が演じている)なので、レジスタンスがすぐに率いられるのも納得できる乱暴なようでスピーディかつロジカルな展開である。

ヴァーララディーヴァを追い詰めるものの、逃げられるバーフバリ。

やみくもに向かおうとするも、カッタッパに「父のように知恵を使いなさい!」と説教される。

www.youtube.com

↑その結果がこのシーンである。

この映画をネタ映画として処理するのは悔しいと冒頭でコメントしたが、やはり、このくだりはバカすぎる(良い意味で)。

 

バーフバリはバーララディーヴァと決闘。死闘の末に破り、デーヴァセーナの悲願の火あぶりによって親子の復讐を果たす。

そして、王となったバーフバリ。人々は彼を讃え、川を流れる破壊されたバーララディーヴァの破壊された首(黄金像)は川下へと流れていくのだった。

 

感想

前編に比べてちょっと不満がある。

 

1に、悲劇(過去)パートがやや長い

…このせいで、バーフバリ(息子)の主役感が薄れている気がする。前編未見の方は一瞬「あれ?どっちが主人公?」と思ったのではないか。

それにやはり悲劇は重く物悲しいものだし、圧倒的な陽の気が売りのバーフバリでそこはあまりおいしくないのではないかと思った次第である。

 

2に、前編の主要人物(バーフバリの育ての母とかアヴァンティカ)の影が薄い

アヴァンティカは完全にモブと化していた。前編の正妻感は遠い昔である。後編から見た人には彼女の魅力は伝わらなかったのではないか。前編では後半弱体化したもののバーフバリを導くまさに女神だったのに。

育ての母は全然出てこなかった。世界配給に従って映像がカットされているらしいのでもしかしたらそこで描かれているのかもしれない。それを見ないとまだ何とも言えないが、少なくとも日本版ではバーフバリが産みの親をすぐ受け入れて育ての親を忘れたお恩知らずに見える。

 

とはいえ、今思い返すと最期にバーバラディーヴァの首が流れるところなど、川下と川上という上下関係が世界の力関係のメタファーとなっていることを示す丁寧なつくりとなっていた。

それもほかの解説を見聞きするまで気づかなかったのだ。

とはいえ、2作続けて見るべき一作であった。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

*1:勝手に手にタトゥーを書いて求愛する。

*2:この部分についてラッパー・映画評論家・ラジオパーソナリティのライムスター宇多丸は”ストーカー的”と表現

*3:この時、焼けた岩で行く手をふさがれるが、なんと吹っ飛ばして逃げるw

*4:シヴァ神と関係あるのだろうか

*5:このときのデーヴァセーナは好戦的(すぎる)性格がまだ凛々しさと受け取れる。しかし、すぐアホをクンタラ国は受け入れすぎだろとも思う

岸田劉生のデロリ、椿貞雄のあったかみ

f:id:hadahit0:20180127215157j:plain

寒いのだ。宮城県立美術館にほど近い途上。

11月27日は『岸田劉生と椿貞雄』展の初日であった。

ファンでもないのに、初日から出向いた。

暇というものは教養を生むのだ。ざまあみろ、エコノミックアニマル。

 

f:id:hadahit0:20180127215210j:plain

凍てつく入口看板

岸田劉生はともかく、椿貞夫はピンとこなかった。

岸田劉生のピンとくるポイントも『麗子像』しかない。

素寒貧だ。頭の中がという意味で。世の中の大半がそうだと思うけど。

 

f:id:hadahit0:20180127220717j:plain

俺たちの麗子像(ニヤケ)

この麗子、後々画家になったらしいんだけど、ともかく彼女が気持ち悪い表情がしているわけが分かったのが今回寒い中美術館に足を運んだ一番の成果であった。

この表情、雰囲気、岸田劉生の意図したものであったのだ。

 

劉生は親ばかでこんな呪いの人形みたいな怪奇幼女をかわいいと思い込んでしまっているのだ、そう思っていた。

だが、これは「デロリ」というらしい。

plginrt-project.com

 

「デロリ」とは何か? それは、濃厚で奇怪、卑近にして一見下品、猥雑で脂ぎっていて、血なまぐさくもグロテスク、苦いような甘いような、気味悪いほど生きものの感じを持ったもの 

 中学二年生に知らせたら気に入ってタトゥにして踵に入れてしまいそうな概念だ。

でもリンク先で紹介されている作品は確かに気持ち悪くて一度見たら忘れられないようなものばかり。

岸田劉生の変態さは、その題材に娘を使ったことなんだな、とわかった。

娘でグロ画像こしらえて額縁に飾るようなもんである。

f:id:hadahit0:20180127222900j:plain

寒山風麗子像

こちらは禅画の画材として有名な狂僧「寒山」風に描いた麗子。娘がこんな人食い鬼婆みたいになったらとても悲しい。こんなんをイマジネーションでもって絵にしてしまえる劉生は鬼である。

その変態が祟ったのか京都で芸者遊びと酒におぼれる生活を送り、劉生は38歳で死んでしまったらしい。

その劉生に深く師事したのが椿貞夫である。

 

f:id:hadahit0:20180127223631j:plain

パキっとした貞雄

これがそのパキッとした自画像。

劉生が筆字なら貞雄はゴシック体である。

彼は劉生にかぶれてその絵画を追っかけ、当然娘を使ってデロリにも挑戦したわけだが、結局温かみ系の個性がにじみ出て、晩年に書いた孫の絵では完全に幸せにあふれたものとなってしまっていた。

そのお孫さんはバイオリニストとなり、3月に宮城県立美術館でコンサートをするらしい。

そういう歴史が連綿と続いていく様は、面白いねえ。

 

消えたAV女優

みなみ菜奈というAV女優がいる。

 

いや、かつていたといった方が正しい。

 

2016年ごろまで活動していた彼女は、その年の末に急に新作を取らなくなり、そのまま作品がすべてDMMのストアから失われてしまった。

 

消えたAV女優というやつだ。

 

当時ガンガンにAVを見ていた俺は

 

気になって、本日名前でググってみると、にちゃん(今はごちゃん)のスレが出てきた。

 

itest.bbspink.com

 

AV強要問題が背景にあるということか?

ヤクザの情婦になったのか?

 

当時は得体のしれぬ闇を感じた事件であり、俺のひとり上手に水を浴びせかけるような出来事だったわけだが、今にしてみるとそんなこともあるだろうなあという感じである。

 

俺は大人になったのだ。

 

0150 名無しさん@ピンキー 2016/07/03 16:24:37
貴重な演技派女優さんだったから残念だな・・・

 

0202 名無しさん@ピンキー 2016/08/20 09:43:55
もう作品は出ないんだ・・・。
淋しいな。

あの子、顔や話し方、しぐさにも特徴があったから、わかる人はすぐわかるんだと思うよね。
普通の世界でやっていけるんかなぁ?
アホって言われるけど心配なんだよね。

 

 

こういう優しい言葉が本当でありますように。

メタ的に見た素人AV女優

素人AV女優、という言葉の矛盾とファンタジーとリアルと希望について。

 

例えばマジックミラー号とか、ナンパものとか、TV番組パロディみたいなやつとか。

素人、という名目の電影少女(ビデオガール)がたくさん出てくるわけじゃないですか。

 

 

結構彼女らって一見リアルというか、「自然に演技してるなあ、もし勝新太郎がAV女優でもこういう演技をしただろうぜ」という自然な演技をしますよね。

これは、俺がど、ど、ど、童貞に近い存在だ(経験が浅い)からではないと思う。

 

でも、プロだ。

まあそれは、ほかの作品をウォッチしていたら同じ人が出てきたときとか、そこそこ有名なキカタン女優が出演しているのを発見しているのを見てしまったときとか、AV女優のTwitterを見たときとかに発覚するわけだ。

あと、ご丁寧に女優名をレビュー欄に書いてくれるAV菩薩もいるしな。

 

そんなわけで、青少年は夢を打ち砕かれる。

しかし、しかしである。

 

よくよく考えたらプロと素人の境目はあいまいだ。

どんなプロであれ、素人の時代は存在する。

 

スカウトか、自分から応募したのか、素人だった彼女らが一歩踏み出し、作品に出演することでプロとなるわけだ。

ということは少なくともそのデビューの一本において彼女らは半分素人ということになるだろう。

 

そういえば前松本人志が「AV女優は素人が一番プロという逆説的な側面がある」(=男性は素人の出演作品が見たいわけだから、より素人に近い一本目こそがユーザーのニーズにこたえている人=プロである)という説を『ワイドナショー』で唱えていた。

 

その説についてはでも、プロの技術を目の当たりにしたい場合もあるわけで、一概には言えない!と反発すら覚えていたけど、一つの側面としては確かに正しいかもしれない。

 

だが、その時松本人志がさしていた『1本目』とはいわゆるデビュー作であり、インタビューから始まる単体もの、ということになるだろう。

 

それではなく、素人ものがデビューの場合で今回俺は考えている。

そして、そのほうが明確に明らかに素人に近いと考えている。

詳しくは、以下の図をご覧いただきたい。

 

f:id:hadahit0:20180121195723j:plain

 

要するに、単体デビュー女優と素人物デビュー女優との間にはおおきなルビコン川が流れているのだ。

もちろん単体デビュー女優はそれができるだけの実力や美貌を兼ね備えたより上等な人が多いんだろうがね。

閑話休題

 

すなわち、なにが言いたいかというと、AV女優をスカウトマンがスカウトして、実際にデビューするまでを納めたら、それがほんとの上質な作品だし、多くのAVウォッチャーの劣情を刺激するに違いないということだ。

でも、苦労してそんな作品をとってもどうせ「やらせだー」とか言われるんだろうな。

監督でもないのに、暗澹たる気持ちになってきたぜ。

人生は一度きり論

よく自己啓発系の詩集とかで「人生は一度きりだから死ぬときに後悔のないように生きなきゃ」みたいな文言がある。

そこをイジるのはもはや陳腐すぎて「浅瀬を除こうとして逆にオマエが覗かれているぞ!」といわれそうであるが、それでも言いたい。

それ、根拠ないだろ!!

 

前世がどうとか言い出すと、すわ幸福の科学かとかモルモン教かとかそういう疑惑をかけられそうだが、ぼかぁ無宗教だ。

 

むしろ、人生一度きりという人は人生一度きり教に入っているのではないかという疑いがあるのだ。

 

というか、人生一度きりとおもって悔いないように生きようという保険をかけているのではないかと疑っているのである。

 

人生は一度きりなのだから、保険をかけようとせずに精一杯生きたいように生きようといっているやつは、人生が二度あるという可能性にかけて今回の一生を台無しにするリスクを避けている。

つまり、保険をかけている。

 

それが一番の安パイ野郎だ。