読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裸で独りぼっち

クソみたいな最近のはなし

出会い系小姑ケチつける―30分の1という数字について

blog.nitasaka.com

俺も一介のPairs利用者だったわけで、Pairs等出会い系サイトが、詐欺サイトでない限り人口に膾炙することは、恋愛・結婚に行き詰りがちな現代において大変喜ばしいと思っている。

 

元々この人は知らなかったが現在ベンチャー企業の社長だそうだし、元々同人誌作ってる動画をYoutubeニコニコ動画もない時からやってたりバイタリティもある。

奥さんもまあきれい。

「ええ物件そろってまっせ」Pairsという証拠にはなる。

 

だから大筋としていいこと言ってんなあと思うんだが、1個疑問に思うのが、

途中に出てくるマッチング率90%以上ってそこまでのもんかね。

なんか俺がやってた時は大体そのくらいの高め安定だった覚えがあるんだが。

30数組に1組といっても、まあ2~3%はあるわけで、50人出てくれば1人は90%超えるわけである。

Pairsはインターネットの大会に位置する漁場なので、そこにいる人は東京なら100人を軽く超えるだろう。

だから、そんな運命的な話ではないと思う。

 

あと、奥さんがコミュニティという趣味の集まりを検索して仁田坂さんとマッチングしたそうだが、、、

Pairsにはコミュニティという機能がある。往年のmixiを彷彿とさせる機能だ。ぼくは「渋谷区在住」「ゴールドジム」「EDM」というようなコミュニティに入っていた。
妻は「同じ渋谷区に住んでいて趣味が合う人」のような条件で探していたようだ。そこにPairsの人工知能が手助けをしてくれたようで、相性92%と出ていたらしい

これは通常料金に数千円追加しないと利用できないいわば課金チートなのである。

これ使ってる時点でかなり本気度が高いわけだ。

そうなると、「あんまり一般的な話じゃないのでは?」という気がする。

 

以上、見知らぬ他人の幸せにケチつける出会い系小姑の意見であった。

 

 

 

帰ってこいりゅうちぇるの服大喜利

今日ネットニュースで「かいけつゾロリ」が30周年だというめでたい情報をゲットした。

 

ぺこりゅう、『ゾロリ』に“人気継続の秘訣”を学ぶ (オリコン) - Yahoo!ニュース

 

かいけつゾロリの「かいけつ」は「解決」なのか「怪傑」なのか「快傑」なのか。

というようなことを昔から考えていたほどのゾロリファンの俺であるが、一番気になったのはイベントゲストりゅうちぇるの風貌である。

 

欧米のサイコパス金持ち青年みたいじゃない?

 

りゅうちぇる&ぺこといえば初期に今日の服装のコンセプト大喜利的芸をしていた。

例:今日の服装はなんでしょう?

→レオンのジャンレノみたいな小レンズサングラスをして花柄開襟シャツに短パン

「正解は、80年代の映画から飛び出してきたカップルでした~」

 

あのフォーマットにはその手があったかと舌を巻いた。

 

最近やってないのでやって欲しい。

 

ファニーゲーム in Germanだよ~。やだー」的な。

 

 

 

 

男子トイレにはおならする部屋を作るべきだ論

男子トイレには個室と小便器がある

小便器は、いわゆるあさがおと言われる野ざらしのソレだ。

「あさがお 男子トイレ」の画像検索結果

 

ここで用を足しているとき、もちろん排泄しに来ているわけだから、おならをしたいときがある。 

さて、そのときどういう行動をとるかで人間が試されるわけだ。

 

1.普通にその場でする

排泄の流れでそのまま出してしまう。別に周りがどう思おうがかまいやしない。

だってここはトイレだ。うんこやおしっこをするところなんだから、おならして何が悪いんだ。

 

―これは正論ゆえに、筋が悪い。

例えば、静まり返ったエレベーターの個室内で急に普通の音量で友人が話しかけて来たら、あなたは眉を顰めたり、居心地の悪さを感じたりしないだろうか。

別にエレベーターでしゃべったって良い。仲間内だけだったら普通にしゃべる。

でも、時と場合によってはそれが許されない。

それが、空気というものの抗いがたい存在感である。

いくらトイレだからといったって小便器に向かっているときに屁をひる人間は、傍若無人と受け取られてしまうのだ。

ダウンタウンの浜ちゃんのエピソードで、こういうものがある。

駅のトイレで小便をしていて、隣にいたまったく知らないおっさんが屁をした際に、
職業病のせいか「おい!!」と突っ込んでしまったことがある

浜田雅功の都市伝説 - なおすけの都市伝説と雑学

 

この話に対して「おい浜ちゃんww」と笑いつつも、共感を覚える人が大半なのではないか。

放屁は、どうしたってツッコミの対象である恥からは免れ得ないのだ。

 

2.個室に入る

男子トイレには個室がある。女子トイレにもあるけど。

そこに入ってしまえば一時的にせよ、自分の城となる。

思う存分ガスを抜けばよいわけだ。

 

―これは面倒くさい。

まずもって、個室は小便器よりも少なく、それゆえ人が並んでいることが多いのだ。

屁を出すためだけに列に並ぶのはつらい。

もし並んでいなかったとしても、個室にわざわざ入って屁だけして出るのはなんだか屈辱だ。もし自分の後に誰かが入ってきた場合、屁目的でトイレに入ったと思われたくなくて俺はトイレットペーパーホルダーをカチャカチャいわせるなど隠蔽活動を行ってしまうだろう。まるでトイレのスパイだ。とんだ『裸の銃を持つ男』だ。

 

そこで、俺が提案したいのは、男子トイレに個室、小便器(あさがお)に加えて第三の道屁室を作るという手段である。

 

屁室は消臭マットでできた簡易的な壁に囲まれており、すぐに正常な空気を生み出せるようになっている。天井から釣り下がっているのは消臭ノズル。常に周囲のメタンや水蒸気を吸い取ってくれている。消臭マットの目隠しがあるので周りに遠慮する必要はない。なにより、屁をこくための部屋だという大義名分が君を守ってくれる。

 

これを読んで、小賢しらなやつはいうだろう――

「そんなもん、おならする部屋にわざわざいって「この人おならするんだな」と思われたほうが恥ずかしいよ」

 

浅はかなやつめ。おしっこのほうが恥ずかしいわ。

 

よくよく考えてほしい。

小便器において、我々は言い訳程度の仕切りがあるだけで、生殖器を取り出し、腎臓由来の液体を排出するのである。平気な顔で。

よくよく考えたらとんだ恥知らずの行いじゃないか。

 

それを許すのは、「昔からそうだから」という"慣れ"でしかない。

屁室にもきっと人は慣れる。おそらく2カ月もかからないだろう。

 

実は俺は、200年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたんだ。

2017年の祖先はずいぶん遅れていると思ってね。

ちょっと未来の秘密を明かしてしまったよ。

まあこんな秘密、ほんとに屁みたいなものなんだけどさ。

 

 

 

自宅の鍋はなぜ吐きそうになるのか?

自宅鍋ってなぜだか吐きそうになる。

別に味がまずいからとかではなく、実家にいたころからそうだ。

その理由を考察したい。

 

一、暑さゆえ

鍋は熱い。特にネギや豆腐やしらたきは、熱を保ちやすい。

皆さんも、ねぎをかじったとたんに熱いおつゆを纏った中身がところてん式に飛び出して口内を火傷してしまったことが、人生で1度はあるのではないか。

だから、鍋を食べるとき、人は破風破風(はふはふ)する。

風を口内に送り込むことで、食物に蓄えられた熱エネルギーが、蒸発とともに奪われるのだ。

結果、無意識のうちに息の吸い込みすぎになる。

胃の中に落とし込まれた肉や豆腐は空気と攪拌され、その体積を膨らませる。

それゆえ、吐き気が催されるのだ。

 

二、酒の入れすぎ

吐き気を催す鍋ランキング不動の第一位は寄せ鍋、第二位はすき焼きである(自分調べ)。

なぜだかキムチ鍋やラーメン鍋ではなりにくい気がする。

その理由は、それらに酒が使われず、またほかのだしの味が濃いからではないか。

特に魚介などを扱うとき、消毒の意味も込めて料理酒をたっぷり入れがちなのが私たち素人料理人である。

無論、鍋の時間に計量カップやスプーンなどは出る幕なしだ。

それらにちょい酔いしてる可能性。

もちろんアルコール度数は微々たるものだが、量は食材がひたひたになるくらいなのである。

知らずのうちにちょっと酔ってしまうことはないともいえない。

 

三、濡物嫌悪性

ある芸人が、TVで「濡れたものが苦手」という話をしていた。

濡れたへの嫌悪感が強すぎて、醤油を刺身につけてから一回拭いて食べるのだという。

「芸人特有の繊細さからくる強迫神経症ですなー」と距離を持ってTVを見ていたが、

正直わからないでもない気がしていた。

濡れたものって本来的には腐っていたり毒だったりする可能性が高いでしょう?

社会性が味覚を覆いつくし切らない限りは、本能が拒絶すると思うんだよなー。

いうまでもなく、鍋に入った食べ物はビショビショに濡れている。

それが、我々の濡れたものへの嫌悪感、いわば濡物嫌悪性を刺激するのではないか。

 

自宅鍋に付きまとう吐き気。

その理由を「暑さ」「酒の入れすぎ」「濡物嫌悪性」の3つに求めてみた。

この吐き気があるあるでない場合は、ものすごく神経を疑うような話をしてしまったことになるけど。

ていうか単なる食べ過ぎが原因な気もしてきた。

もしくはまだ煮え切らない野菜を食べてしまっているとか。

 

その答えは、蓋を開けねばわからない、というわけや。

ああ。。。

 

 

 

 

心温まる「丘の上の人殺しの家」

丘の上の人殺しの家

丘の上の人殺しの家

 

 みなさんは この すばらしい えほんを しっている でしょうか?

 

作者は戯曲作家として有名な別役実

童話作家としては三省堂の教科書にも採用された『空中ブランコ乗りのキキ』が有名ですね。

 

モントン村の西にある丘のてっぺんに、一軒の小さな家が建っていました。そこに住んでいるのは、ピーボデー、キーボデー、チーボデーの3人兄弟。彼らの職業はなんと“人殺し”。あれこれ工夫して地道に努力しているのですが、ちっともお客が来てくれません。そんなある日のこと、ついにひとりのお婆さんが現れて…。

 こちらが話のあらすじです。

 

これだけでは、この話の素晴らしい点がどこなのかつかめないという方が大半でしょう。

 

この話の素晴らしい点ひとつめは、「人殺し」という概念の取り扱いです。

主人公三人は人殺しといっても、通常の意味の人殺しではないんですね。

いわば、サービス業としての人殺しなんです。

ジャンルでいうと、お医者さんみたいなものを想像してください。

「え、どういうこと?」と思った方は作品に目を通してみてください。

 

この話の素晴らしい点ふたつめは、世界観です。

絵本とは、広くジャンルで見ればファンタジーに含まれるものがおおいですから、この世界観が非常に重要です。

この作品では、登場人物一人一人に、1ページしか出てこない人物も含めて(絵本なのでそういう人が多いですが)、性格設定や背景があるんですね。語られないものも含めて。

例えば、物語の中盤で人殺しのセールスを受ける美女、マニアは、明らかに怖い、得体のしれない何かをひそめているのです。

彼女は、おそらく、本来の意味で人殺しです。

しかし、作中で行う行為は「ハエを叩き潰す」ということだけなんですね。

それだけで、恐ろしい人間だとわかる。

それだけの世界観の作りこみと描写があるんですね。

これは、作画であるスズキコージの力も大きいと思います。

(余談ですが、今やっているヤッホーホイホー展、非常に行きたいです。)

スズキコージ・ヤッホーホイホー展

 

この話の素晴らしい点みっつめ、最後のポイントは語り口です。

ふたつめの説明で、ああ、これは怖い絵本なんだな、大人向けの絵本なんだなと思った方もいるかもしれません。

しかし、この作品は紛れもなく子ども向けです。

それを支えるのが語り口と主人公たちの優しい心根。

こどものための絵本とは、読み聞かされる絵本です。

つまり、読み聞かす側のお父さんお母さん、お姉さんやそのほかの大人やそれに類する人々が子どもに向かって読み聞かせても、違和感のないものでなくてはなりません。

この物語ならば、そんな場合に心配することはありません。

タイトルに、人殺しとついているのにです。

眼球をくりぬくための機会が出てくるのにです。

また、主人公たちの心根の優しさは、疑いようもありません。

愛すべきなのです。

 

以上の理由から、この話はおすすめなのです。

さて、この話は子ども向けといいましたが、勧めるわたしは大人です。

つまり、やはり子ども向けといいつつも、大人の鑑賞に耐えうる深い味わいもあるのです。

大人のみなさんもぜひ図書館や書店で探してみてください。

ピクサーアドベンチャー@TFUギャラリーミニモリ―正直ぼったくりと思た

正直ぼったくられた気分である。

なぜこうなったか、順を追って説明しよう。

 

紹介される「もしも」の世界は4つ。

順に『トイストーリー』→『モンスターズインク』→『カーズ』→『ファインディング・ニモ』となっている。

それらの世界に入りこむ「体験型企画」ということで、これは面白そうだぞ、と思うていた。

 

この体験型とは、ほぼイコール「記念写真とれまっせ」ということだ。

確かに写真は撮れるというのは能動的なことだし―写真代を取られるわけじゃないし―とは思うが、このVR、3D映像全盛の時代である。

ましてやそのクリエイティブの最前線をいくピクサーの展示なのだ。

もうちょっと…なんかこう……あるだろう!

 

以下、順を追って紹介する。

 

トイストーリー
トイストーリーなんか絶対いいやろ!あんな名作の世界で写真が撮れるなんて!それだけで満足だろ!

…俺もこの時点ではそう思ってたよ。

なぜなら、これが終わった後に、詳細な設定資料とか、映像とか、濃いめのコンテンツがあると思っていたからだ。

これらは楽しいしスマホでもそれなりの写真が撮れるようになっている。

が、それで終わりなのだ。

映画館の販促でもこういうのあるじゃないか!

あれ映画のおまけやぞ!

なんで1200円も取る本ちゃんの展示がこれのみやねん!

と思った。

だが、ここが一番コンテンツとしては濃い味だと知るのは、あと5分後のことである。

 

モンスターズインク

ここには1つ評価出来るポイントがある。

写真撮影だけでない、「体験型企画」があるのだ。

それは、体の色をカメレオンのように変えられるモンスター、ランドールと写真を撮れる展示において。

置かれているボックスを持ち上げるとランドールの色がそのボックスに対応して変化するのだ。

あれは面白そうだった。

学生カップルが永遠にそこで楽しんでいたから、俺はできんかったけどな!

 

あと、モンスターズ・ユニバーシティについては完全ノータッチでした。続編については扱う気は無かったということで。これは後のファインディング・ニモにも言えるけど。

カーズ

ここがひどい、写真撮るところが一カ所しかないのだ。

そして、写真撮るコンテンツしかないので、そこでつまり全てが終わりなのだ。

マックィーンやメーターたちが住む街に入り込む「カーズ」エリア

公式サイトにはこうある。

街狭いなー、あれじゃ箱庭じゃないか……。

 

ファインディング・ニモ

写真の構図などの工夫しがいは一番あった。だまし絵展的な工夫がなされていたからだ。

網にとらわれたように撮れたり、鳥に咥えられているように撮れたり。

なんかイマイチ気分のいい状況ではないが。

でも子どもがそういったところはしゃいでいたのは純粋に可愛かった。

(このご時世、子どもの可愛さに言及するときは「純粋に」とつけないとね。世知辛ぇなぁ)

 

以上である。

映像系コンテンツは撮影しないでねとの注意書きがあったが、そもそも映像がそんなに無かった。

で、とにかく写真を撮ったのだが、ピクサーが怖くてここに上げるのを控えている。

俺はなんて臆病なんだろう。

ジョン・ラセター、怒らないでね。。。

週刊ヤングジャンプ 2017年21号 新連載「カオリわーにんぐ」感想―ぬるいペット漫画

新連載。出来が悪い。

 

動物を以上に惹きつけてしまうフェロモン「ペロモン」を分泌する特殊体質の新米巡査伊井カオリが動物と人間の共生を実現する都市仲良市で、「ペット安全対策課」で巡査長の三日月と繰り広げるドタバタ日常コメディ。

 

あらすじは上記のようにまとめられるだろう。

 

ここからだけでも伝わるだろうが、この漫画はいわゆる「箸休め枠」を狙っている。

ヤングマガジンでいえば「手品先輩」とか、同じヤングジャンプでいえば「もぐささん」とかの枠だ。

正直ほかにも「結崎さんは投げる」とか「しらたまくん」とか「潔癖男子!青山君」とか箸休め枠はたくさんあるのだからなんでこの枠を増やしたと俺は言いたい。

 

とにかく、「伊井カオリ」(良い香り)や「仲良市」(仲良し)といったダジャレネーミングに象徴されるように、緩くてテキトーなよく言えば癒し系?の雰囲気を読者に楽しませたいという意図からもその狙いは強く感じられる。

 

だからまあ、100歩譲って登場人物の動機づけや世界設定の杜撰さには目をつぶろう。

「医者の口ぶり通りペロモンが世界でも唯一の特殊能力ならカオリさんはもっと有名なはずだろ」とか「隠していたとかの特殊な事情で有名じゃないなら三日月巡査長すぐに受け入れすぎだろ」とか「話や趣味が合いやすいってだけでペット所有率100%の町作るってどんな行政だよ」とか「話や趣味が合いやすいから町を作ったのにペット原因の住民トラブル生まれてんのかよ! 逆効果だからすぐに町を解体しろ」とかいろいろ言いたいことはあるが……。

 

しかし、この杜撰ポイントには目をつぶれない。

それは、「カオリさんが動物を使って犯人を懲らしめる」という部分だ。

 

ドジでときどき辛辣な言葉を吐くが動物が大好きで心根の優しい人間、というのがカオリさんの基本設定だろう。

そんなカオリさんが動物を使って犯人に懲罰を加えるとは何たることか。

犯人は平気で動物に危害を加える人間である。動物が反撃にあって、傷つく可能性もあるだろう。

それに馬鹿なカオリさんは気づかなかったとしても、そもそも動物を武器的に使うというのが動物が好きで心優しいという美点と大きく矛盾するように思われるのである。

ペロペロなめさせるのが罰というのも、「お前、なめられるの罰と思ってたんかい!」と動物好きポイントを大きく下げてしまうしな。

漫画のキャラがムツゴロウさんにダブルスコアで負けてどうする。

 

また、ペロモンの概念もなんかグラついていて飲み込みにくい。

カオリさんというキャラ=この物語の推進力となる設定なのに1話時点で以下のような矛盾点が見える。

・汗に動物が寄ってくるなら、投げた上着になんで動物が寄って来るのか?インナーの方がよっぽどペロモンついてるやろ。

・感情が高ぶったらペロモンがでるっていうけど基本感情豊かなキャラやから常にペロモンででるやろ。ボケツッコミの下りなんか感情グラグラやったけど動物来てないとこたくさんあったで。

 

これはすぐ打ち切りだろと思うが、同レベルの「結崎さんは投げる」も続いているのでヤンジャンは猶予期間が長いのかもしれないという危惧がある。

できればほかの作品に枠を譲ってほしいものである。