読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裸で独りぼっち

クソみたいな最近のはなし

『ムーンライト』感想

なんか切ない気持ちにさせられた。

 

それは、LGBTQの方にとっては逆差別に感じる言い方になるかも知れないが、やはり描かれすぎた男女の恋愛ではストレートに描きがたくなってしまった感情だと思う。

 

男はみんなホモ・ソーシャルという意見に俺は賛成だ。

 

女なんて、恋愛なんて、綺麗な嘘だ。

男と男の中だけが本当であり、青春時代のそれは、何物にも変えられない。

 

『スタンド・バイミー』のラストのセリフ。

 

「あのときみたいな友だちは、きっともう2度とは出来ない。」

 

大いに首肯してしまう。

 

本作でも、シャロンとケヴィンの関係は、当初ホモ・ソーシャル的に映った。

 

いじめられっ子のシャロンに「強くなれよ」といい、じゃれ合うように取っ組み合いを挑むケヴィン。

 

階段で女とヤったハナシを「特別だぞ」と教えてくれるケヴィン。

 

男の世界。友情という愛情以上に純粋なことの多い思い。それを、ここで思い出した。

 

だけど、そこに愛情が生まれたら?

 

いやむしろ、友情は愛情じゃないのか?

 

親友と恋人2人が崖から落ちたらどちらかを助けるかという究極の選択問題。

俺は2人を選べない。

それは、愛ではないのか?

 

そういった気分にさせられた。

 

極めて純粋に抽出された気持ちは、結果「愛」としか言い様のないものになる。

 

芸術はそれを描くことを一つの使命としている。

 

それを体現した本作は、やはりアカデミーにふさわしいと言えるだろう。